目指せ!技術士の星?

「技術士」は,技術分野における最高ランクの資格と言われていますが,知名度や社会的な地位は今一歩です。技術士と自分及び家族のために,日々奮闘する「富山の土木屋」のブログです。

2017/03/13(月)
富山大学工学部とほくりく技術士未来研鑽会が共催する「平成29年度(2017年度)・技術士第二次試験・第1回受験講習会」が,平成29年3月18日(土)に,富山県民会館で開催されます。

申込締切が,3/15(水)に延長されました!!

合格するためには,申込書の作成時点から注意が必要です。
今年受験される方は,是非先輩技術士の指導を受けてください。


詳しくは,下に示すとおりですので,是非とも受講してください。

技術士受験講習会申込-P1 <<== 技術士受験講習会申込-P1

技術士受験講習会申込-P2 <<== 技術士受験講習会申込-P2

技術士受験講習会申込-P3 <<== 技術士受験講習会申込-P3

技術士受験講習会申込-P4 <<== 技術士受験講習会申込-P4





2017/03/02(木)
昨日,ほくりく技術士未来研鑽会の事務局から,今年度の合格者の報告がありました。

今年は,なんと13名もの方が合格したとのことです。おめでとうございます。\(^○^)/

話によれば,年々合格者が増加しているということで,事務局及び講師陣に皆さんの努力の賜物だと思います。

今年も,「富山大学工学部とほくりく技術士未来研鑽会の共催」で,3/18(土)に富山県民会館で第1回講習会が開催されます。ちなみに,締切は3/9(木)と今週です。

受験される方は,是非参加してください!

技術士第二次試験・第1回受験講習会のご案内 <<==案内のPDF

2017/03/01(水)
本日=平成29年3月1日は,平成28年度技術士第二次試験の合発表の日です。
合格者の氏名は,本日付けの官報に掲載されていますが,多すぎて確認するのが面倒です。

平成28年度技術士第二次試験の合格者 <<==WEB官報のHPより

石川会場で受験した合格者は,北陸技術士懇談会が調べてHPに掲載してくれています。

石川会場の合格者 <<==北陸技術士懇談会のHPより

これを見ると,知合いが何人も合格しているようです。今度会った時に,お祝いを言いたいと思います。

合格者の皆さん,おめでとうございます!



2017/02/16(木)
富山大学工学部とほくりく技術士未来研鑽会が共催する「平成29年度(2017年度)・技術士第二次試験・第1回受験講習会」が,平成29年3月18日(土)に,富山県民会館で開催されます。

合格するためには,申込書の作成時点から注意が必要です。
今年受験される方は,是非先輩技術士の指導を受けてください。

詳しくは,下に示すとおりですので,是非とも受講してください。

技術士受験講習会-1<<== 技術士受験講習会の案内-1
技術士受験講習会-2<<== 技術士受験講習会の案内-2
技術士受験講習会-3<<== 技術士受験講習会の案内-3
技術士受験講習会-4<<== 技術士受験講習会の案内-4

2017/02/14(火)
平成29年度の技術士第二次試験は,下記に示すように,7月16日(日)と7月17日(祝)に実施されます。
詳細は,日本技術士会のHPを確認してください。

・受験申込:平成29年4月7日(金)から4月28日(金)まで(土曜日・日曜日を除く。)
・筆記試験 総合技術監理部門の必須科目=平成29年7月16日(日)
 総合技術監理部門を除く技術部門及び総合技術監理部門の選択科目=平成29年7月17日(月・祝)

7月半ばに試験ということは,もう五ヶ月しかありません。焦ってください!

噂では,来年度=平成30年度から,また試験制度が変わるとのことですので,変わる前に合格しておいた方が良さそうです。

どんな試験でもそうですが,試験勉強の基本は,やはり過去問題をたくさんやって,予習することです。

毎日,少しずつでも,過去問を勉強して,実力を養ってください。

2017/01/22(日)
富山県南砺市利賀村の旧利賀スキー場で,大規模な地滑りが発生しました!

過疎の村ですが,民家や県道などに被害が及んでいるため,連日,テレビ,新聞などで大きく報道されています。

利賀、地滑り続く 仮設橋の作業開始 <= 1/22 北日本新聞

地滑り 土砂流出続き車庫倒壊 <= 1/21 NHK富山

我が社でも,現場を見に行っていますが,今週はお手伝いをすることになりそうです。

地すべりの動きに注意して,安全に作業をしたいと思います。

2016/12/20(火)
最近,人工知能=AIの話題が,ニュースでも度々とりあげられています。身近な所では,チェス,将棋,囲碁などで,コンピュータと名人が対戦して,コンピュータが勝ったというニュースが流れています。

ドワンゴのAI囲碁ソフトがプロ棋士と対局! <= RBB TODAY

コンピュータの成績が向上したのには,機械学習の一種であるディープラーニングという技術が大きく関わっているとのことです。簡単に言うと,人工知能(AI)>機械学習>ディープラーニングという関係にあるようです。

ディープラーニングによって,人間に勝るような判断ができるのであれば,仕事やお金儲け,趣味などに利用してみたいと思うのは,当然です。そこで,ディープラーニングが利用できる方法がないのか,調べてみました。

そうすると,既にIBMのWatoson,GoogleのTensorflow,AmazonのAmazon MLなど,たくさんのソフトが公開されています。無料で使用できる物もありますので,興味のある人は,チャレンジすると良いと思います。

人工知能アプリケーションの開発を簡単にはじめる8つの方法

簡単なものとしては,深層畳み込みニューラルネットワークによる二次元画像のための超解像システムがあります。小さな画像を拡大した時に出来るノイズをディープラーニングの技術で除去するのですが,確かに綺麗に拡大できます。

w/a/ifu2x

AIと言うと,なんだか胡散臭い気がしますが,少しずつ私たちの周りでも使われ始めているようです。

もっと,AIについて,勉強してみる必要がありそうです・・・!?


2016/11/26(土)
2016年11月22日に文部科学省から,「今後の技術士制度の在り方について(案)」に関する意見募集=パブリックコメントが出ています。締め切りは,2016年12月12日です。

「今後の技術士制度の在り方について(案)」に関する意見募集 <= 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

是非とも意見を出してください!


2016/11/21(月)
日経コンストラクションの2016.11.14号に,技術士第二次試験の見直し案が出ていました。

現行の試験方法を見直し,必須科目を記述式に切り替えるそうです。具体的には,次のとおりです。
詳しくは,日経コンストラクションをご覧ください!!・・・(笑)

------------------------------------------------------------------------
必須科目
・問題の種類=「技術部門」全般にわたる専門知識,応用能力,問題解決能力
          および課題遂行能力
・試験方法=記述式,600字詰め用紙3枚以内,・試験時間=2時間
-----------------------------------------------------------------------
選択科目
・問題の種類=「選択科目」に関する専門知識および応用能力
・試験方法=記述式,600字詰め用紙3枚以内
 -----------------------------------------------------------------------
・問題の種類=「選択科目」に関する問題解決能力および課題遂行能力
・試験方法=記述式,600字詰め用紙3枚以内
 ------------------------------------------------------------------------
・試験時間=選択科目全体で3時間30分
--------------------------------------------------------------------------

早ければ2018年度からということですので,現行制度での試験は,後1年しかありません。

択一式がなくなって,記述式になりますので,難しくなるような気がしますが,どうでしょうか?

いずれにしても,早く合格することが大切ですね!

2016/10/28(金)
昨日,技術士第二次試験の筆記試験の合格発表がありました。
残念ながら,我が社から4年連続の合格とはなりませんでした。(T_T)

平成28年度 技術士第二次試験筆記試験合格発表 <=日本技術士会のHP

筆記試験に合格された方々,本当におめでとうございます!

しかし,技術士第二次試験は筆記試験で終わりではありません。この後,口頭試験が待ち構えています。口頭試験の期間は平成28年11月25日~12月23日及び平成29年1月6日~1月19日です。

口頭試験は,その名のとおり,試験管と口頭で質疑応答をするので,試験管の質問の意図をしっかりと聞いて,的外れな回答をしないことが大切です。そのためには,過去の質問内容を確認して,自分なりに回答を準備しておくことが,重要です。

口頭試験の質疑応答,傾向と対策は,SUKIYAKI塾過去問題集などに掲載されていますので,是非とも一読することをお勧めします。

なお,口頭試験は,試験官とその場でやり取りをするので,口頭での聞き取り,回答に慣れておくことが大切です。すなわち,口頭試験の前に,模擬口頭試験を何度も繰り返すことが,合格の必勝法です。

模擬口頭試験は,私自身は開催していませんが,私の知人が集まって模擬口頭試験を開催しています。
日時や場所が合うようであれば,是非とも受講されることをお勧めします。

詳しくは,次の案内をご覧ください。

20161027_ページ_1口頭模試-1ページ目
20161027_ページ_2口頭模試-2ページ目
20161027_ページ_3口頭模試-3ページ目
20161027_ページ_4口頭模試-4ページ目

 | Copyright © 目指せ!技術士の星? All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド